カンジダ薬

カンジダに困ってる人におすすめのカンジダの薬です

カンジダの薬

 

カンジダ菌は普段口の中、膣などに生息しいていますが、普通は、体に何の影響もありません。

 

ですが、ホルモンバランスの異常や、ストレス、過労、生理前などに、女性の膣の中が酸性になりますと、カンジダ菌が繁殖してきます。

 

カンジダ菌は普段からだの中にいる常在菌ですので、性交渉に関係なくバージンの方でもカンジダ膣炎にはなります。

 

膣カンジダの特徴は、膣からヨーグルトのような酒粕のようなおりものが出てくるのが特徴です。

 

初めてカンジダになった方はびっくりすると思いますが、一度発症してしまいますとまたいつものカンジタが起きたと平気になってしまいます。

 

ですが、これが落とし穴でカンジダを甘く見ていますと、将来思わぬ病気引き金になってしまいますので、必ず早期に治療をしてしまいましょう!

 

カンジダに良く効く薬を下記のご紹介いたします。

 

 

 

ダイフルカンジェネリック150mg
ダイフルカンジェネリック150mg
有効成分:Fluconazole(フルコナゾール)150mg
内容量:10錠
メーカー:Cipla

 

この薬は、カンジダのために作られた薬「ダイフルカン」の安価なジェネリック医薬品になります。
一日一回の服用で、カンジダや真菌症に効果がある抗ウイルス剤です。
またこの薬には、別の作用があって、膣の中を程よく濡らし、女性の性感度を高める効果があり、海外では、「女性用バイアグラ」などと言われています。

 

女性が濡れないなどで悩みがある場合には、女性用バイアグラ(ウーメラ)という薬もあります。
性交時に、子宮及び膣や外陰に十分な血流を与え、セックス中の快感を、驚くほど増強します。
子宮筋腫で子宮を摘出し、膣内が濡れなくなった女性にも、大変喜ばれて愛用されています。
アメリカでは、普通にテレビ宣伝している誰でも知っている薬です。

 

 

 

ニゾラル
ニゾラル
有効成分:Ketoconazole(ケトコナゾール)200mg
内容量:100錠
メーカー:JANSSEN-CILAG

 

ニゾラルは、抜け毛、フケ、カンジタ症、水虫など幅広い効果のある抗真菌薬です。効果は強い方になり、即効性があるのが特徴です。

 

皮膚真菌の場合:1回1錠(200mg)を服用
膣カンジダの場合:1回2錠(400mg)を食直後に服用

 

 

 

ニゾラルクリーム,カンジタ症,性病治療
ニゾラルクリーム,カンジタ症,性病治療
有効成分:Ketoconazole(ケトコナゾール)2% w/v
内容量:15 gm
メーカー:JANSSEN-CILAG

 

ニゾラルのクリームタイプになります。効果が強く、即効性があるのが特徴です。
患部に適量を塗ってください。

 

 

 

ラミシール(DASKIL)
ラミシール(DASKIL)
有効成分:TERBINAFINE(テルビナフィン)250MG
内容量:7錠
メーカー:Novartis

 

塗り薬では治りにくい、爪水虫や、角化型の水虫、ガンジタなどに良く効く抗真菌薬です。
真菌の細胞膜を破壊し殺菌的に治していきます。
通常125mgを1日1回食後に経口服用します。
↓ピルカッターを使うと便利です。↓
ピルカッター

 

 

 

ラミシールクリーム(DASKIL)
ラミシールクリーム(DASKIL)
有効成分:テルビナフィン1%
内容量:10 gm
メーカー:Novartis

 

ラミシールのクリームタイプになります。通常患部で適量を塗ってください。
ラミシールクリームは、爪水虫、足裏の水虫、カンジダの特効薬になります。
症状による使用期間は以下のとおりです。
白癬(水虫)、たむし: 1週間
カンジダ菌: 1〜2週間
足の裏にできた水虫: 2〜4週間

 

 

テルビナフィン(ラミシールジェネリック)

 

更にお安い価格でラミシールを使用できます。
テルビナフィン(ラミシールジェネリック)

 

 

 

上記の薬は全て、抗真菌薬でカンジダなどの真菌性の病気に良く効く薬です。
飲み薬と塗り薬がありますので、症状により使い分けて下さい。

 

症状が酷くて、とてもクリームを塗っている状態ではない時は、飲み薬で対応しましょう。

 

こちらで販売している薬は全て個人輸入を通して、海外から安い値段で買うことができます。
面倒な医者に行く必要もありませんし、余計なコストも掛かりませんのとてもリーズナブルです。

 

個人輸入業者には悪徳な業者もいますので、偽薬など買わされないように、こちらのサイトでご紹介している業者から必ずお買い求め下さい。

 

カンジダの症状

 

おりものの異常でもっともポピュラーな病気がカンジダ膣炎です。

 

カンジダ膣炎は普段からだの中にいるカンジダ真菌というカビが繁殖することによって引き起こされます。

 

普段からだの中にいる真菌の繁殖が原因ですので、特別性交渉が無くても体調によって発症します。

 

この病気に掛かりますと、特徴的なおりものが出ますので、すぐにカンジダに掛かったと分かります。

 

ヨーグルトのような、カッテージチーズのような独特のおりものが出てきます。

 

外陰部の炎症が酷い場合には、痛みうや強い痒みを伴います。

 

男性も稀にガンジタになる事がありますが、性器が外に出ていますので、すぐに洗い流されてしまうことが多く、ほとんどの場合ガンジタは女性の膣が多いようです。

 

ガンジタに掛かっているときに性交渉をしても全く問題はありませんが、ガンジタに掛かっている膣内は、炎症が起きていてとでもデリケートな状態せすので、傷などついて他の菌が入ってもいけませんので、性行為を止めておきましょう。

 

カンジダは、再発しやすい人がいますので、そんな方は通気性の良い下着を使用するなど工夫してください。

 

また、彼とのセックスのたびにカンジダになってしまう方は、彼に抗真菌薬を塗って、セックスをすると次回からガンジタになる事を防ぐ事ができます。

 

又、膣カンジダと思っていて、治療薬を使用してもなかなか治らない場合には、別の病気がある可能性がありますので、その場合にはすぐに医者の診断を受けましょう。

 

>>>カンジダに効く薬についてはこちらで詳細を

 

カンジダの市販薬はどう

 

カンジダの市販薬がドラッグストアーなんかで販売されていますが、これらの薬はカンジダ症状を改善させる効果がありますが、治す事ができません。

 

カンジダ菌を治療できる薬は、やはり処方された薬でないと抗真菌作用がありません。

 

カンジダ自体は誰でも持っている常在菌ですので、通常健康な状態では、何も起きないのですが、体調の変化などがありますと、膣の中のアルカリ・酸性度が変化して、カンジダを住みやすい環境になり繁殖してしまいます。

 

ですので、市販薬を使用している間に体調が戻り、自然に治ってしまう場合もありますが、治らない場合も多いにありますので、やはり薬でしっかりと治しておく事が非常に重要だと思います。

 

また、カンジダになりやすい人は繰り返しカンジダになる場合が多いですので、そのたびに医者に行くのもダイヘン面倒です。

 

カンジダになりやすい人は自分で分かっていると思いますので、事前に薬をネットで買っておいて症状がひどくならないうちに治してしまうことが簡単で体にも良い事です。

 

 

カンジダの検査

 

自分がカンジダに実際掛かっているかどうかが分からない人は、病院に行って検査をしませんと、カンジダでもないのにカンジダの治療をするのは間違っています。

 

で巣が、カンジダで医者に行くのは面倒ですし、お金も時間も掛かってしまいます。

 

そんな時に便利なのが、自宅にいて匿名で誰にも知られずに性病の検査を受けられる性病検査キットです。

 

いろんな性病の検査キットを販売している会社がありますが、精度がいい加減な検査キットがありますので、しっかりとした精度の高い検査キットを使用しましょう。
当サイトでおすすめの検査キットは下記のものになります。↓

 



 

ここの検査の精度は、医者で検査する検査機関と同じものを使用していますので、かなり信頼できる検査結果を得ることができます。

 

おすすめの検査ケットは膣に関する主な性病、 クラミジア、淋菌、トリコモナス、カンジダ などが検査できるセットです。

 

カンジダに感染している場合には、体全体の抵抗力が落ちている事がありますので、違う性病に感染している事が多いと言われています。

 

一度検査をしておきますと、安心ですでこれを機会に一度検査をしてみましょう。

 

自宅にいて、匿名で出来、ネットでえ簡単に精度の高い検査結果を知る事ができますので、おすすめします。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ